ブログ

使命とは何ぞ

使命とは何ぞ

使命…と言う言葉をよく耳にする

使命って何でしょう

使命はこの現世での一般的な意味とは
ちょっと違う

よく、私の使命は○○だ!って
言うけれど
それも、勿論正しい

けれど 本当は
誰もが皆生まれてきたことこそが
特別で
生きること この生を全うすることこそが
尊い使命🍑

だって、誰もがこの世に生まれてくることが
できるわけじゃないから

あの世でのオーディションに合格して
神様に人生プラン計画書を提出して
OKもらえた人が
やっとくることができるんですもの

生まれた環境が不平等に思えるかもしれないけど
みんなそれを受け入れてここにきてる

生まれてきたとき
こちらではみんな喜んで迎えてくれるけど
生まれる前は皆、大切な子供が旅に出るのが心配なように
この世での苦労を慮って泣いて送り出す

人生を生き抜いて
亡くなった時
こちらでは皆涙をするけれど
あちらではお帰りー👏🎊
よく頑張ったね!と
暖かく迎えてくれる

愛猫を見送った私も
そう思うと、もちろん寂しくはあるけれど
温かい気持ちになれた
4年前に行った子(猫)と向こうで会えたかな

いろんな生き方
いろんな人生がある

このテーマで書きたいこと、
まだまだたくさんあるけど

先日、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀
に 桑田ミサオさんと言う素敵な方が
出ていらして

素晴らしい生き方をされていて
番組を見ているだけで涙が出てきた

いろいろご苦労もされて
60を過ぎて 笹餅を作って
老人ホームに持っていったところ
涙を流していたおばあちゃんがいて

「ああ、餅っこひとつで涙を流してくれるのなら、一生続けよう」 と思ったそう

それから、とにかく1人で
こだわり抜いて試行錯誤して
今93歳になられても続けていらっしゃる
生き方がとても美しくて
私の憧れです

きっと 人を幸せにしたい、喜ばせたいと言う
ミサオさんの気持ちが笹餅に込められて、その波動で、
食べた瞬間に涙が溢れるほど
感動することができるのでしょう

老人ホームで食べたおばあちゃんも
ひと口食べたとき
幼い日の思い出がよぎったのでしょうか
懐かしい温かい気持ちに包まれたのでしょうね
ミサオさんのところに
菓子職人さんが教えてもらいに行ったり
しているそう
とても手間がかかっていると言っていた

コロナが落ち着いたら
青森に飛んでいって
なんとしても食してみたい!!そう思う今日この頃です